BLOG

先日はケシーさんの宇宙せっけんワークショップに行って来ましたよ♪

なんかちょっとだけ作っている最中に

潜在意識に潜っていた感情が表層まで浮かんで来て、

ちょっと泣きそうになる瞬間がありましたが、

とっても楽しい時間でした!

この感情のゆらぎはケシーマジックなのかしら???


最初は時事ネタからわたしたちの向かう意識や生き方を話され、

やさしい愛に満ちた気持ちからスタートしました。


そして

宇宙石けん作りは、

それぞれが自分の世界に没頭して、

人それぞれのきれいな宇宙石けんが出来上がりました。

こんなのとか〜♪

こんな宝石みたいな石けんとか〜♪

ゼリーみたいで美味しそう?!

すっかりハマって、

昨日は一日中石けん資材を売っているサイトを眺めていました。


何かに没頭しているとき

我を忘れて打ち込むとき

そんな行動をしているとき

自分の力では成し得ない宇宙の流れにのって、

それは

およそ3ヶ月ぐらい先の忘れた頃に、

宇宙のサポートに気づくのかもしれません。


今のわたしは

およそ3ヶ月ぐらい前に授かった

宇宙の恩寵を暮らしているのかも、、、。


3ヶ月前といえば、

仙骨の痛みから出会った瞑想の先生の下野さん

そこから

下野さんがブログで「救世主現る」と紹介したケシーさん

そして今、

3ヶ月前の出来事を発端として知った

ケシーさんのもとで宇宙石けんを作っています。

この宇宙の恩寵は、

この先およそ3ヶ月後にどうなっているのかな?

そう考えるとちょっとワクワクしませんか?


でも

期待せず

ただ

淡々と

粛々と

丁寧に毎日を過ごす

簡単そうで難しい

出来る範囲で少しずつ

自分にやさしい穏やかな日々を過ごしていきましょう!

今日はおはなしです。

わたしたちが星の屑になるよりも

ずっとずっと前の遠い記憶のおはなし。


むかしむかし、

わたしたちは肉体を持たない

宇宙に漂う意識でした。


その意識は、

宇宙に漂う星屑に憧れを抱きました。

実在するものへの憧れです。


そんな憧れを抱きながら沢山の星をまわりました。

そして

地球という星に興味を持ちました。

この星に実在し、

自分が何者であるのかを知りたくなったのです。


「私は誰?」


母体を通して生まれ、

自分を知るための一生が始まりました。


あるとき母に

「あなたはとても優しい子ね。」

と褒められ、

それがとても嬉しかったので、

「わたしは優しい」

ことが自分であると理解しました。


不安になると、

母に優しさを投げかけ、

「お母さん見て!わたし優しいでしょ?」

と認めてもらうことで実在の価値を見出そうとしました。


次第に不安は

「優しくないわたしは実在する価値がない」

と優しさを自分に負すようになりました。


優しくなければいけないと自己犠牲を払うようになり、

優しい自分でいることが苦しくなりました。

心と身体のバランスが崩れ、

体調を崩すようになり、

病気になりました。


病気になり、

人に与えられる優しさがなくなり、

実在の価値がない自分に絶望しました。

生きる意味を模索しはじめましたが、

取り留めのない考えにくたびれました。


そして

自分に嫌気がさし、

生きることも嫌になり、

すべてをあきらめようと思い立ちました。


そのときに、

心の片隅にほんの少しだけ

過去に漂っていたころの

宇宙の意識が顔をのぞかせたのです。


「わたしは誰?」


母にかけた優しさが喜ばれ、

誰かのために優しく生きることを選んだ自分に気づきました。


そして

病に伏した弱い自分を見て、

自分に対する哀れみの涙がこぼれ落ち、

はじめて自分自身をいたわりたいと

自分への優しさを感じました。


心身ともにゆっくり休み、

自分の身体を抱きしめ、

「今のわたしが欲していること」

に忠実に行動してみることにしました。


病は治癒へと向かい、

心は元気を取り戻したとき、


ふと、

「わたしは誰?」

が顔をのぞかせました。


「わたしは実在する宇宙意識、

この世のすべてを楽しむためにここにいます。」


そう自分に答えました。

そのとき、

胸の辺りの空虚な感覚がとても清々しく

不思議な優しさにつつまれたのでした。


おしまい

最近はよくネコさんが話しかけてくるようになりました。

ネコ語なので理解できませんが、

単なる日常会話です。


仙骨の痛みから発した

瞑想の先生の下野さん、

仙骨先生、

化粧品会社社長の女性との出会い。


そして

3月下旬から現在にかけて、

瞑想、ライトボディの活性化、仙骨治療、オーガニックハーブのエステ

自分ケア満載の日々を送っています。

お陰さまでお財布の中身がほぼ空っぽに近い状態です。


しかも、

ライトボディの活性化と仙骨治療の

ダブルパンチの好転反応なのか、、、?

はたまた

過去の負債の解消なのか、、、?


ネガティブな感情でいると

真っ逆さまに悪い状況が繰り広げられ、

明るい気持ちで暮らすと

良い引き寄せが起こります。


良くも悪くも

この現実を起こしているのは

まぎれもない自分


ネガティブな感情が出てくると、

自分も自分以外の人も

なかなか肯定的に捉えることが出来ないものです。


そんなときは

無理して明るく振る舞っても無駄。

あえて嫌な気持ちを味わってみたり、

なぜそんな気持ちが起こったのか、

「なぜ?」

と繰り返し自分を省みます。


そうすると、

自分が被害者になることで、

相手を正当に非難できると思い込む自分や、

自分に正当性を与えて

相手をコントロールしようとする自分、

自分は特別な存在だと

誰かに認めてもらいたい自分が見つかります。

ネガティブな感情の中には必ず気づきがあります。


それはみんな

「孤独な自分」


孤独を埋めるために、

自分の外側を必死で思い通りにしようとする。


でもね、

孤独をどうにかしようとしなくて大丈夫。

それが見つけられたら

あとは自分と向き合うだけ。


「わたしは孤独なんだ」


って、

孤独を感じてあげるだけでよいのです。

そして

自分のために泣いたり、

悲しんだり、、、。


あるいは、

他者では埋められないその孤独を

自分を生み出した宇宙とつながる絶好の機会

と捉えても良いでしょう。

瞑想してみたり、、、。


他者に何かを求めずに

全部自分でやる

これが自分を乗り越える手段だし、

これを見て、

人は心を動かされるんじゃないかな?

そして

自分の得体の知れない何かが深みを増し、

それに引き寄せられるように

人生を歩む仲間が増えていくのだと思いました。


自分の孤独を大切に生きましょうね!

先日、

無意識にしまっておいた

ネガティブな感情が

自分の現実に出て来たことをおはなししてみます。


無意識にあった、

「だまされた!」

という

怒りと悲しみとショック!

が出たおはなしです。


人は出来事を大切に仕舞うのではなく、

この経験における感情を

「恥」や「罪悪感」

として心に仕舞い込んでしまようです。


この怒りと悲しみとショック!

が感情として理解され

感情表現されるまでは

輪廻のごとく繰り返されるのに気づきました。


そして、

先日そんなショックな出来事があり、

涙をこぼしたのですが、、、


ふと、

「この出来事は

今に起因するものではなく、

過去にしまい込んでいた感情が、

解放を求めて出て来たんだ。」

って心から沸き立ってきた、、、?

ような感じだったんです。


そして、

すごくそれが腑に落ちて、

こうやって自分が引き起こす現実を理解し、

今まで自分が無意識に閉じ込めた感情を

解放していった先には、

「自分の現実に責任が持てる」

ことであり、

被害者でも

加害者でもなく

ただ経験を求める存在である魂に

気づいていくのだと思いました。


それがスピリチュアルなんだと思います。


だから

スピリチュアルな生き方を始めた人は、

自分の現実を作り出す原因が自分であることの理解

を始めるだろうし、

スピリチュアルな生き方が楽しめるようになった人は、

善し悪しの判断を抜きにして自分の魂の発動のままに生きている人

なんだと思いました。

今日のタイトルは「愛の爆弾」!

意味なく

愛ネコ「まるちゃん」の

おちゃらけ笑顔写真♪

ではいってみよ〜。



先日の清水浦安さんのイベント

下野さんのブログで紹介された救世主ケシーさんと、

ケシーさんのサイト「ケシーの愛の爆弾研究所


これ全部!

ここ最近の出来事と、

上記の気づきを促す人々との出会いが

わたしの「愛の爆弾」の起爆剤となったのでした!!!


みんなね愛の爆弾を持ってるんです。

きっと、

それを大切にしすぎているのか

爆発しないように大事に持ってる。

愛の爆弾て、

自分の内側から沸き起こる衝動だと思うのです。

うまく言葉で言えない、、、。


自分に内在する何かがビッグバンを起こした感じ!

胸が揺さぶられ、

心が沸き立ち、

涙がこぼれ落ち、

自分の中の空っぽに満たされていく


高揚感と静けさとか

相反するものが

何もない空間の中で

調和のなかで生まれては拡大し、

それを現実として実感したい衝動

そんな感じがしました。


宇宙は大きな空間の爆発により生じました。

」というスペースで爆発により

」が生じ、

その摩擦により「」が生まれ、

安定した燃焼を求め、

あえて拮抗する「」を生み、

その中で結晶となった「」が生じました。

宇宙の爆発によって、空・風・火・水・土が生まれたように、


わたしの中で

ハートの「」間に爆発が起こり、

衝動という意識が「」を起こし、

」が熱意を灯し、

瞳から「」がこぼれ落ち、

」という肉体を通して

何かを成し遂げたいと感じたのです。


きっと、

この世に生まれたいと思ったとき

こんな衝動が先立ったのかもしれない、、、。


そしてね、

それは何かというと、

自分を通して為される「他者の喜び」なのですが、

それはやはり、

サイトでも紹介している

自分のセッションを通して成し遂げたい

幸せへの道

という

自分なりの「愛のかたち」でした。



、、、って

そんな愛の爆発が起こったせいか否か、、、

何の宣伝も、

シェアも、

積極性も持たず、

誰が見ているのかこのサイトは、、、?

っていうサイトなんですけどね、

何があったのか?


昨日と一昨日の、

アクセス数が上昇していて、

恥ずかしさと

恐れが沸き立ってしまったのでした、、、。

昨日になってしまいましたが、、、

今日は代官山へ「下野のまんま」というイベントへ行ってまいりましたよ♪

ハイパー霊能者の清水浦安さん、

そして、

スピリチュアル界で人気の翻訳者であり著者のお二方、

山川紘矢さんと山川亜希子さんご夫妻。

そして、

瞑想を伝授している下野清一郎さんの4人の対談?でした!


超面白かった〜!

そして

感動しました!


ほぼほぼハイパー霊能者、

清水浦安さんのステージといった感じで、

しゃべるしゃべる!

子供のように無邪気で面白い!


清水浦安さんを指導して来た霊が「中村天風」師。

そして最後は天風師の声を聞きたいということで、

公開チャネリングが始まりました。

天風師が浦安さんに入ると、

近くのスピーカーがバチバチ言って、

(霊は電気系統を介して入ってきますね)

おちゃらけた浦安さんが昔の人っぽい話し口調の天風師になりました。

そして、

わたしには難しい内容のお話だったのですが、

なぜか

胸が震えるぐらい目から涙がこぼれ落ち、

えらく感動してしまったのでした!


もうね、

そのよく分からない感動だけで、

来て良かったと思えたのです!


言葉から発する波動というか、

そういうものが魂に響くのだと思いました。

ほんとうにね、

美しい!

という感動でした!


清水浦安さんは「内なる神と共に生きる

ワンドロップ・プロジェクトという活動をされています。

早くみんながそれぞれの内なる神を見出すことが

幸せに生きることへとつながるのだと思いました。


そしてね、

唐突で、

しかも急で申し訳ないのですが、

カウンセリングのタイトルとご料金変更させて頂きました。

タイトル:しあわせの心のおそうじ

初回:1万円

2回目以降:5千円

です。


正直言うとカウンセリングって

わたしの中でしっくりこない

名前というか行為のように感じていました。

なので、

いま幸せじゃない心をおそうじして

幸せになりましょ♪

みたいな感じのタイトルを付けたいって思ったのです!


ご料金は今までは一律1万円だったのを

初回以降は継続しやすいご料金に変えました。

お財布に優しくなったでしょ?

その代わり、

無料のコンサルテーションを無くしました。


なんでかというと、

上手く説明できないのですが、

もう時間があまりないように感じるのです。

だから出来るだけ、

自分の心のおそうじに役立てて欲しいのです。

「あまり時間がない、だから出来るだけ心のおそうじに来てよ〜!」

という魂の衝動です。


来てね!

ちょっと前、

解消してもらった霊障によって感じた「生きやすさ」なのですが、

この「生きやすさ」って

今までの「生きにくさ」が普通だったため、

解消された後の身体や心の軽さを実感してみないと

分からないものだと思いました。


わたしたちは比較するものがないと、

現状を観ることが出来ず、

善し悪しは別として

比べたり判断しています。


大元となる魂は

比類のないもので

唯一の存在で

無条件で

永遠不変です。


そこにつながる喜びと

接続が絶たれたときの孤独感

これもまた

つながることと絶たれることを経験してみないと分からない。


比べることの出来ない

「ただ在る」という存在の軽さに感じる喜びと

そうなっていないときの現実世界のギャップに戸惑います。


「何もない密度の濃いところ」へ戻りたい欲求が深まり、

現実を生きられないようなふわふわした感じの

新たな生きにくさを感じてしまいました。

グラウンディングが出来ていないのかもしれません。


意識を自由に放つことができれば、

本当はいつでもそこへ行ける。

そこへつながるように日々訓練中です。

とりあえずヨガをしてみます。

仙骨の痛みを発端に起こった

新たな瞑想の先生との出会い

瞑想会で知り合った女性の導きによる八王子の仙骨先生

仙骨先生によって解消された大きな霊障


そして女性に

「あなたのエネルギーぐちゃぐちゃなのよ!

うちのエステ紹介するからちゃんとお手入れしなさい!」

と紹介されたエステ、、、


わたしはかつて

新宿でエステのキャッチセールスに捕まった経験がありました。

素直なのか馬鹿なのか、、、

しかしながら大きな霊障が解消された恩と、

愛ある叱咤が心に響き、

未知の自分がどれだけあるのか知りたい衝動が勝り、

すべてを受け入れることにしました。


まずは

仙骨先生のところへ2回目の受診に伺い

その後の経過を伝え、

あの時なぜわたしは泣いたのか?

頓珍漢な質問を投げても、

「それはね、あなたの魂がここにこれて喜んでいるから。

やっとこれた!って言葉に出した人もいる。」

と丁寧に教えてくれました。


そして3度目の受診で、

わたしは宇宙意識を体感してしまうのです!

いつも最後に音叉でエネルギーを入れてもらうのですが、

このときは身体が揺れて、

真っ暗な「無」の世界を漂っていました。

「無」に満たされ、

心地良くて戻りたくない気持ちでした。

「ゆっくりでいいよ」

と仰ってくれたのでゆっくりと意識を戻し、

「戻って来ないとどうなるのですか?」

って聞いたら「死ぬ」だそうです。

「死」がこんなに至福な無の境地だったら

わたしはさっさと死にたいなどとも思ってしまうのでした。

その後、

しばらくは至福に浸りつつ、

駅前のミスドでコーヒーとドーナツを食べて、

行き交うバスと人の流れを見つめながら

自分の内側の幸せをいつもいつも持ち続けるために

この感覚を忘れないようにと幸せの体感を感じていました。

死んだらあそこへ帰れる。

なら今を生きようと元気が湧くのでした。


そしてそして、、、

紹介されたエステに伺いました。

女性のお友達のスタッフさんが対応してくださったのですが、

親切だしクオリティがす〜〜〜んごい良かった!

家に帰ると好転反応のばたんきゅ〜でした!

化粧品はすべて食べられるぐらいの素材ということで、

贅沢に全身に使うのもいいのよ〜♪とのこと!

それでね、

香りも肌へのやさしさも抜群なんです!

サンプルを家で使っているのですが、

お風呂に入りながら首や肩周りにも使ってみると、

肩のハリが消えてしまいました!

かなりお気に入りです!

刺激が少ないのでアトピーの方にも良いのではないかしら?

わたしも早速購入してみようと思います。

サンダース・ペリー化粧品というイギリス生まれの自然化粧品ですよ♪


そんなこんなの3月4月で

こみ上げる感情と向き合い、

自分の内側にある未知なる自分

知らないふりをしていたけど本当は知っていた自分

少しずつ思い出されていく自分の正体

そんな

曖昧糢糊な自分の内面と向き合い、

非日常な出来事を日常的に過ごし、

スピリチュアルというのは

この現実を生み出す自分を理解すること以外ないのだと

現実をより自分らしく生きることが

楽しくて幸せなことなんだと再認識したのでした。

いつも読んでくれてありがとうございます。

今日は

「魂のお医者さん ①」の続きです。


瞑想会が終わって

みんなでお茶をして

さぁ解散という時になって、


瞑想会をご一緒した女性の方に

「わたしこれから仙骨先生のところへいくのよ。一緒にいく〜?」

って言われて、

「え〜!いいんですか〜!?」

という流れで仙骨先生のところへ行くことになりました。


その時

ほんの一瞬だけ

「しまった!」

っという女性の思いをわたしは観てしまったのです。


なのでわたしは気を使っていろいろ話しかけたのですが

それがいけなかった、、、。

「あのね、わたし今あなたの質問に疲れてる。」

と言い放たれ

「すいません、、、。」

とわたしはうつむき気まずい雰囲気の中

神保町から八王子へと向かうことになりました。


その電車の中で

すっっっっごく感情が揺れ動き、

涙がこぼれそうになったり

普段ない頭痛が襲ってきたり

八王子の仙骨先生のところへ辿り着いた時には、

わたしだけではなくその女性も二人して

ヘロヘロになっていました。


それが何時だったか、

どれぐらい待合室にいたのかすら記憶なく

ただ時折聞こえてくる

音叉に泣きそうになるのを堪えていました。


順番がくると一番最後でした。

先生はこの後用事があるようで、

女性とわたし一緒に診るということでした。


白衣を着た先生、

真ん中にある寝台のようなベッド

治療院だけれど不思議な空間


わたしの番になって

ベッドに右から回ってうつ伏せに寝るよう促され、

白い上履きのようなモノを履かされ、

わたしの仙骨の上で

ボールペンのようなものをカチカチさせ

その後

歩行器のような機械に乗り足踏みを続けました。


その後、

椅子に座るよう促され、

「久々にすごいの連れて来たね〜!」

と先生は女性に言いました。

そしてわたしに

「今日ひとつ根深い霊障をとったので少し様子をみてください。

今日ここに来ることはあなたの魂が決めていたんですよ。」

と言いました。

わたしは何がなんだか混乱して話しを聞いていましたが、

「わたしに何が憑いていたのですか?」

と聞くと、

「それは分からない。

今後の経験によって知っていくんだ。

他に質問は?

じゃあ最後は音叉ね。」

と目を瞑るよう促され

わたしの前で音叉を聞かせてくれると、

次第にわたしは涙をこぼし始め、

胸の内から

「ありがとう」

という感謝が沸き上がってきたのです。


そう、

何を隠そう仙骨先生は

霊障の治療医なのです。

何でもないマンションにある

魂の癒しを求める人たちの治療院なのでした。

料金も神様から決められているそうで、

初回8,000円

2回目以降は4,000円

なのだそうです。


何が起こったのかはまったく分かりません。

でも帰るときの胸の静けさと清々しい気持ちは

癒された実感として残りました。


そして次回の予約を取り付けて帰るのですが、

わたしを連れて来てくれた女性は

化粧品会社の社長さんで(霊媒体質)、

化粧品を使ったエステもやっているそうです。

そして帰り際、

「あなたのエネルギーぐちゃぐちゃなのよ!

うちのエステ紹介するからちゃんとお手入れしなさい!」

と叱られ、

仙骨先生のケアと

エステのお手入れへと続くのでした〜。

ご無沙汰しております。

いかがお過ごしでしょうか?


わたしはいろいろありすぎて、

なかなかブログを書けずにいました。


やっと自分と冷静に向き合えるようになって、

夜中にブログを書いています。

さぁがんばって書いていこう〜。


以前に書いた

仙骨の痛みでしたが更にネットで調べていくと

自然堂の下野さんのブログに出会いました。

そして、

八王子に仙骨先生と呼ばれる特殊な治療医の存在を知ったのです。

わたしは仙骨先生に会って、

自分の仙骨を診てもらいたいと思いました。

仙骨先生のことをブログで書いている人は何人か見受けますが、

実際に仙骨先生の所在は検索で出て来ません。

それぐらいに仙骨先生は「謎」でした。


ある休みの日、

たまたま下野さん主宰の瞑想会が目に留まり、

開始時間の直前に申込みをしました。

その時なぜ来たのかを聞かれ、

仙骨が痛くて検索していたら下野さんの存在を知ったことを打ち明けました。

下野さんは笑って、

「僕は仙骨治せないよ」

と言いましたが、

床にうつぶせになるよう促し、

わたしの仙骨の上でダウジングを始めました。

仙骨の上で左回転をしていたペンデュラムは、

その後、

下野さんが仙骨の上で何かをつかむしぐさをし、

また仙骨上にペンデュラムをかざすと右回転になったそうです。

(わたしはうつぶせだったので後で参加者の一人が教えてくれました。)


左回転はエネルギーを抜く動き

右回転はエネルギーを入れる動き


自然界に存在するものは大抵が右に回転しているそうで、

チャクラの動きも右周りだそうです。


ということは、

わたしの第2チャクラは不自然な回転をし、

仙骨には自然界に存在しないものがついていたのかもしれません。


瞑想会では下野さんが

わたしを含め初回の人のエネルギーをキレイにしてくれて、

みんなキラキラになって、

わたしも腰が体感で5キロぐらい軽いんじゃないかというぐらい

楽になって帰りました。


そして、

また別の日に下野さんの瞑想会に参加しました。

その日は初めての方がいなかったので、

瞑想を多めにして、

雑談を楽しんだり、

その後近くの喫茶店でみんなでお茶をしました。


瞑想会経験者の人の中には仙骨先生にお世話になっている人もいて、

いいなぁと思いながら話しを聞いていたのですが、

帰る時にある方に、

「わたしこれから仙骨先生のところへいくのよ。一緒にいく〜?」

って言われて、

「え〜!いいんですか〜!?」

という流れで仙骨先生のところへ行くことになりました。


ということで、

続きはまた次回、、、

わたしが時々書く「本当の自分」ですが、

「本当の自分」って、

魂であり

無であり、

すべての可能性の場

のようなものなんです。


そして、

「本当じゃない自分」っていうのは、

エゴが作り上げた自分のことなんです。


本当じゃない自分って

「本当の自分」から見ると意外と可愛いものです。

本当じゃない自分って

「本当じゃない自分」から見るとショックで自己嫌悪に陥ります。


小さいお子さんがいる方には分かりやすいかもしれませんが、

子供(エゴ)の自分都合の言い訳を、

親(魂)が微笑ましく聞いているような感じ。


だから、

本当の自分に立ち返るためには、

エゴを切り離す必要があるのですが、

この作業の時、

人は自己嫌悪に苛まれたり、

驚愕します。

わたしはニワトリだと思っていたのに卵だった!

みたいな、、、


わたしは子供はいないけれど、

このエゴの乖離がある程度できている人は、

親になっても子供を一人の人として尊重できるし、

決して毒親にはなりません。


だって

子供(エゴ)を切り離す試練を乗り越えているから。

無意識に子供(エゴ)を自分として見ると

子供(エゴ)をコントロールしたくなる。

そして

コントロールしようとして出来ないことに苦しむ。

人の心は自由なのに

子供の心をコントロールするから、、、

そして

そんな親を嫌悪しながら

結局は子供も同じ苦しみを経験する。

これが家族のカルマのしくみです。


そして今は

カウンセリングとか

ヒーリング

瞑想などで

エゴを切り離すのが簡単にできる時代になりました。

肩の力を抜いて

楽に生きる方法はそれだと思います。


カウンセリングではエゴを切り離す過程で

エゴというのはそういうものだ

という理解まで持っていきたいと思います。

よかったらいらしてくださいね(^.^)

カウンセリング&ヒーリング

先日、腰が痛くて仕方がなくて

とうとう骨盤矯正に行ってきました。


腰が痛いといっても、

痛みを感じるのが「骨」なんです。

背骨の土台になる仙骨と右の寛骨の間の上部。



仙骨でいろいろ調べて、

ここにしようって思ったのが、

仙骨動可法研究所 オフィスN

ちょっとオタクっぽいサイトなのですが、

言っていることが至極まともでした。


行ってみてびっくりしたのが、

自分の3分の2近い体重が左にかかっているという

稀に見る大きな歪みの持ち主だということ!

ショックを通り越して笑ってしまいました!

正面から見てきれいに「くの字」に曲がっているみたいです。

右背面の筋肉が限界まで引っぱられ、

筋肉の付け根になる右の仙骨が悲鳴をあげていたということ、、、


そして

更にびっくりだったのが、

その重心の歪みを一回の施術でほぼ左右均等に治してくれたんです!

誤差は1キロ


一回で左右のバランスが整ったので、

今までの平衡感覚を失い、

脳が少し混乱したようです。

酔ったようなふわふわした感じがしましたが、

背筋がピンと伸びて帰りは清々しい気分になりました。


その後数日は

右半身にも体重が正しくかかるようになったので、

ヨガをやった次の日に起こるような筋肉痛がありました。


ヨガ、しばらく遠ざかっていたんですよね、、、

こんなことになるなんて、、、

時間が経つにつれてショックというか、

今までの積み重ねがゼロに戻ったような虚無感と同時に、

ヨガを始めた頃の身体のバランスが整い、

何時間歩き続けても立ちっぱなしでも疲れ知らずだった頃を思い出し、

久しぶりに本屋さんで長々と立ち読みをしました。


まだヨガを積極的にやる気が湧かないのですが、

仙骨を調整してくれた人の

「自分でできる骨盤矯正」

の動画(↓)を見ながら仙骨が固まらないように動かしています。

わたしはこれを白鳥体操って言っているんですよ♪

他の整体とかの動画をいくつか見てみましたが、

白鳥体操が一番分かりやすくて簡単でしたよ♪

是非お試しあれ(^.^)