BLOG

今日はほんの少し本棚とクローゼットを整理しました。

不要になった本をバッグに入れて近所のブックオフに持っていき、

ここ数日は心と体と身の回りの整理をしています。


瞑想もしていますが

心の整理は一人で行うのは難しく、

自分の心と向き合うための相手と場が必要になりました。

仙骨先生のところへ通い治療を受けたことも重なり、

良い心のデトックスが出来たようです。


良くも悪くも諦めのような軽さと、

これから進む方向性をうっすらと見出し、

そのために手放す物事が少しだけ具体的になりました。


今日は怠くて寝たり食べたりしながら

夕方になって急に不要品を片付けたい衝動に駆られました。

今まではだらだらと行っていましたが、

片付けは一気にやらないとダメですね。

そして思い切りも必要!


わたしは何がしたいのだろう?

すべての人は魂の願いというか使命があります。

大雑把に言えば

進化のための経験を積むこと

そのためにいろいろ今生で経験を積みます。

そして

人生のドラマを俯瞰的に観ることで

振り回される人生から

自ら人生を創造していく方へと向かうこと。

宇宙の源へと向かうこと

このことについてずっと考えてきました。


そして

ヨガとか

カウンセリングとか

ヒーリングとか

リラクゼーションとか

瞑想とか、、、

いろいろやってみました。


自分に向いているのはなんだろう?

そう考えて

一番はやっぱりヨガかもしれない。

そんな感じに落ちました。

もう手放したものだと思っていたのに、、、。


真理とは変化し続けることだそうです。

だから

この想いも変わるかもしれないけれど、

変化を怖がっていたころから

徐々に行動が変わりはじめたとき

或は環境が変わりはじめたとき

人生がまた方向転換を始める予兆のようです。

そういうときは

結果を気にせずまたやろうという気持ちが湧きますね。


繰り返す動作、

意識を向ける呼吸、

ふと沸き起こる感情、

少し離れた視点から見つめる自分。

ヨガに来た人がそんな意識を話してくれたら、

今だったらもっと深く向き合えると思いました。

だからヨガに戻りたい。

そんな気持ちが身辺整理に繋がっているのではと思います。


だから

年内にはヨガ教室を復活させたいと思っていて、

そしたらみんなヨガに来て楽しんでいって欲しいです。

最近は何となく心中穏やかではない日々を過ごしていました。

心の中がモヤモヤしていたり、

嫌いな人が「超嫌い!大っ嫌い!」みたいに感情が膨らんでしまい、

日々の生活が面倒になって投げやりな行動になったり、

そんな自分に嫌悪したり、、、

ネガティブな感情が渦巻いていましたよ。


それでも一応やることはやっていました。

すると、

人との会話のいくつかの単語が

その後の日常に別の形で展開するというか、

会話の内容とは異なる形で今後を指し示しているのではないか?

という繋がりを感じる出来事がありました。


ぽつり、ぽつりと

迷いながら歩いている人の足下に

目印になりそうな小さな石を置いてくれるみたいな、、、


そして、

わたしが否定的な見解だからこうなって、

否定的に感じるのは自分に必要ないことだからかもしれない。

わたしの色眼鏡で観ていた世界は結果的にこうだったのか、、、。

みたいに腑に落ちたのでした。


否定的な感情に振り回されそうになった心が静けさを取り戻し、

「ああ、わたしはただ起こった出来事に感情が湧いて

その感情に振り回されているだけだったんだ。」

って少しだけ静かに現象の世界を観察する心境に落ちて、

ネガティブな感情とか

心のモヤモヤの最中でも

見えない何かに見守られ、

置かれた布石に気づくことで生かされている感謝が湧きました。


そうそう、

感謝って沸き上がるものなんですね。

感動もそう。

喜びも

悲しみも

内側から沸き起こる感覚。

それだけで充分に確かなものでしょう。


辛い状況の方がより一層の有り難いものだと、

起こる出来事を問題として捉えている自分を

静かに見つめる視点に立ち返った最近の出来事です。


この前、

仙骨先生のところへ行ったときのはなしです。

先生は仙骨の霊的な治療を行う魂のお医者さんのような方です。

霊媒体質らしい(自分じゃ明確に分からないのです、、、)のでお世話になりながら

自分で浄化できるよう訓練中です。


ちょっと前に作った宇宙せっけんが

ステキに作れたのでプレゼントしました。

こんなやつ ↓

「へ〜!君すごいね!」

と喜んでくれました。

「宇宙せっけん流行っているんですよ♪」

なんて話をして、

風水師でもあり、

宇宙せっけんの生みの親でもあるケシーさんの話をすると、

興味津々で聞いてくれました。


そんな話の流れで、

仙骨先生がルルドのロザリオを付けると、

先生の後ろに天使達が召還されるのを見せてくれました!

といっても、

わたしは見えるタイプではないのですが、

なんか「ぶわっ!」とか「ふぁさ〜!」って来た!

っていう感じの体感でした!

視える人が見たときは、

天使たちがずら〜っと勢揃いしたそうです。


「すごいっ!」って思うことを

無邪気に笑ってやっちゃうんです。

今日のブログのタイトルが「亀仙人」なのは、

石けんをプレゼントしたときの先生が

嬉しそうな亀仙人ぽかったから、、、笑

大物は能天気なんだな〜って思ったのでした。


でもホント、

この石けんステキでしょ〜?

飾ってもいいし使っても楽しい!

超オススメなのでたくさん作って販売したいです!

作ったらまたお知らせしま〜す!

昨日と今日は庭の植木の手入れをしました。

連日の猛暑で植物たちもお疲れです。


大きめの植木鉢に蟻が巣を作っていました。

その蟻を狙って蜘蛛がうろついていたので、

植え替えをしました。


生育に合った場所に植物を配置し、

更にリビングから見たとき

見栄えが良さそうな位置に微調整しました。


久しぶりに顎から滴るほど汗をかいて、

シャワーを浴びるととてもすっきりしました!

そして暫くリビングから庭を眺めてうっとり、、、。


いろんなお手入れ全般に言えますが、

考えずに黙々と行う作業が好きです。

日頃、悩みは耐えないけれど、

後先のことは本当に「分からない」ものです。


不安から抜けるために行動してみたり、

わくわくすることをやってみたり、

その結果を判断してみたり、

そしてその判断に一喜一憂する。


自分の下した判断で自身を評価し、

その評価に感情が揺れ動き、

無意識にその感情が潜在意識に記憶される。

そこから現実を生み出し、

無意識に創造した独自の環境に生きている。

そう、わたしたちは無意識にその行動の結果に生きている。


だから

自分の潜在意識の支配から抜けるためまずは行動する。

動いてみなければ何も変わらないし、

何も起こらない。


本当は

もっと自由に

もっと楽に生きられる。


考えずに黙々とする作業

今できることを黙々と、

嫌と思ったことは後先考えずに辞めてみるとか、

上手くいくか不安なことも

とりあえず後先考えずにやってみる。

先が見えないのだから恐いのは当たり前。


黙々と、、、。

まずはやってみる。


ついつい結果に評価を付けたくなるけど、

大切なのは結果ではなく

黙々と行うその「行動」なのだと思ったのでした。

まず、今月の豪雨災害によって被災されました方々にお見舞い申し上げます。

少しでも暑さが和らぎ通常の生活に戻れるよう祈ります。


ここ数年は世界中でも地震や噴火などが相次ぎ、

地球自身が立て直しをはかっているように感じます。

森林の伐採が進み、

自然が生み出す酸素の量よりも消費量が上回りました。


Q. 生きるために必要な酸素がなくなるとどうなりますか?

A. あなたが息が出来ない状態が地球にも起こりますよ。


そんな自問自答をしていたら、

かつて読んだ正木高志さんの本を思い出しました。

今日は魂のお医者さんシリーズです。

のっけから下のはなしですいませんっ(汗)


昨日は「う◯ち」が3回も出ました。

昨日あんなに出たのに、

今日も見事に出てくれて、

「う◯ちさんありがとうばいば〜い!」

って感謝とともに流しましたよ♪


今日は仙骨先生のところへ治療に行く日です。

仙骨先生は仙骨に憑いた霊障をとるお医者さんで、

魂のお医者さんのような方です。

仙骨先生のところへ行く日はだいたいお腹がゆるくなります。

そして、

たくさん出ます!(笑)

これも好転反応のひとつだそうで、

もともと便秘がちだったわたしには嬉しい限りです。


約一ヶ月前、

家系の大きな霊障が取れて吹き出物が出ました。

気がつけば手にいくつかあった小さな切り傷も好転反応でしょうか?

今日聞いてみようと思いました。

やっと取れて泣きそうになりました。

静かに自分に安住する感覚に浸ります。


そして、

なんとなく

うっすらと

そうじゃないかと思っていたのですが、

仙骨先生のところへ通う人の大半は、

治療を続けながら

他人の霊障?も引き受けて、

そして仙骨先生のところへ運ぶお仕事が

もれなくついてくるようです。


だから、

仙骨がまったく痛くないわけではなくって、

前よりはだいぶ楽になったけど、

辛い時もあります。


そして、

先生のところで取ってもらって、

音叉でエネルギーを入れてもらって帰って来ます。


何かたくさん憑いた時は、

八王子までの電車の時間が

眠かったり、

怠かったり、

頭痛がしたり、

吐き気がしたりします。

そして

帰りは電車の中で

理由のない幸せというか、

安心感に浸りながら家路へと向かいます。


それを先生は、

お坊さんの修行の「千日回峰」に因んで

「仙骨解放」と言います。

「八王子まで来て、そして帰るだけ、楽な修行だろ?」

って笑います。


そして

「地方からは夜行バスとかで来る人もいる。

出来るだけ安い交通費を使って。

あんたはまだいい方だ。」

って軽く諭されました。

そういう人の中には

特に霊媒師のお仕事をしているというわけでも、

ヒーラーのお仕事をしているわけでもなく、

普通のOLさんなんかもいるようです。


みんな人知れずに

それぞれの修行を積んでいるんだなぁと感心します。

社会で働くお父さんや

子育てしながら働くお母さん、

そういう人の方がすごいとも思います。

わたしの出来ないことが出来ている、、、。

だから

わたしが今できることを丁寧に、

そして淡々とやっていこうと思いました。


日々、

すべての存在に感謝できますように、、、。

今日は宇宙石けんを作っていましたよ。

今日の宇宙たち、、、♪

夢中になって作ってしまうので、

消費量より生産量が上回り、

そのうち販売しようと考えています。

欲しい人いるかな?


この宇宙石けんを作っていると、

無意識に感情の解放が起こるので、

作っているとすごく元気になるんです!

宇宙石けんをみんなで作ったら良いですよね♪


この世の二面性、、、。

表と裏

白と黒

苦と楽

貧しさと豊かさ


それらの二つの間を行き交う思考が止まり、

どちらも肯定的に捉える心にシフトしていきます。

どちらもあって良いもので、

排除したり

裁いたり

認めることに制限を加える

そんな人間のエゴも静かに受け止める愛。

静かで壮大な愛につつまれている感じ、、、。

きっと宇宙ってこんな感じなんだなって思います。


そういえば、

セッションで出てくるトラウマは

子供のトイレの躾に似ていると思いました。

自分の体から出て来た「う◯ち」を

「くさいくさい!さっ、流しましょっ。」

って言うと、

自分を無意識に汚いものとして扱ってしまうようです。

「ちゃんと出たね〜!う◯ちさんにありがとうしようね〜ばいば〜い。」

みたいに言うと、

子供は自分をちゃんと認めるようです。


トラウマもそう、

悪いものではないけれど、

ずっと持っていても気持ちが良いものではありませんよね。


トラウマを観ていくと、

その奥には大切に抱いていた

誰かに対する、

或は何らかの「愛」という支えとしてあります。

だから

簡単に手放すことに抵抗がありますが、

残念だけれど、

それは「う◯ち」です。

自分が大切に抱いていたのが「う◯ち」だと分かったら、

「う◯ちさんにありがとうしようね〜ばいば〜い。」

って、

自分の経験をもっと大いなるものに委ねて

自由に生きていきましょう!


そんなことを思っていたら、

「もういい歳だし」と

あきらめていた母になる夢が膨らんでしまいました。


しあわせの心のおそうじ

しましょ〜♪


昨日は大阪で大きな地震がありましたね。

関西方面の方、

早く通常の生活に戻られるよう心よりお祈り申し上げます。


またまたブログ更新の日にちが空いてしまいました〜!

だけど最近は

書けないときはそれはそれで良し!

マイペースを楽しめる自分が嬉しくもあります。


先日はケシーさんの卍易風水変法を受けに行ってきました。

それでいろいろご相談させて頂いて、

風水の設置方法とか

親子関係のこととか

夫婦関係のこととか

お仕事関係のこととか

いろいろご指南頂きました。


そこで、

お仕事に着る服は白っぽい色よりも

黒とかグレーがおすすめだと聞きまして、

休日の今日にふと思い立ち、

白いワンピースを染めてみようと思い立ちました。


こんなかんじ ↓ ↓ ↓

白いワンピースがラベンダー色に、

生成り色のワンピースは墨色のグラデーションに変わりましたよ♪


今までわたし、

「白いワンピースが大好き!」だったんですね。

ついつい買ってしまうのですが、

着てみるとなんだかしっくりこないのです。

振り返れば、

白いワンピース着ているときに

一度も「素敵だね」って褒められたことないかも、、、。

確かに黒やグレーの服の方が褒められます。

「好き」と「似合う」は違うんだなぁと思いました。

ケシーさんに言われてなぜかストンと腑に落ちました。


染め物しているときもそうですが、

宇宙せっけん作っているときみたく、

上手にやろうと考えず手を動かす作業。

無心で何かすることが

すごく充実していて楽しいです。

ヒーリングもそう、

上手にやろうなんて思った時点で「念」になる。

ただ「ある」という軽さのなかで起こる何か。

心に抱えた重りを手放せる環境を調えるとか、

その重りが何かを見せてあげるのがわたしのやることです。


そして

わたしに相性の良い数字というのも教えて頂き、

7月から2回目以降のセッションのご料金を

改定させて頂くことにしました。


今までは2回目以降のご料金が5千円でしたが、

7月以降は8千円とさせて頂きます。

コロコロ変わって申し訳ないですが、

ご料金に見合ったセッションですのでどうぞご安心くださいませ♪


さて、

今年も半年が過ぎてもうすぐ夏至を迎えます。

今年の夏至は6月21日だそうです。


  • 2019年の夏至:6月22日
  • 2020年の夏至:6月21日
  • 2021年の夏至:6月21日
  • 2022年の夏至:6月21日

2020年以降2055年までは夏至の日は全て6月21日となるそうです。


さて質問です♪

あなたは今幸せですか?

だとしたらこれからは絶対に大丈夫!

もしそうじゃなかったら、

自分から目を背けた自分と向き合う必要があるのかもしれません。


今までを

がんばって生きてきた人や

辛い過去にしがみついてしまう人、

夏至を境に

「楽しい人生を生きる!」宣言をしてみませんか?

もしかすると、

宣言した途端、

楽しく生きられない自分の中の何かが

心の底から浮かんでくるかもしれません。

そうしたら、

もう目を背けないで向き合う時です。

しっかり見つめていきましょうね!


いつもありがとう!


先日はケシーさんの宇宙せっけんワークショップに行って来ましたよ♪

なんかちょっとだけ作っている最中に

潜在意識に潜っていた感情が表層まで浮かんで来て、

ちょっと泣きそうになる瞬間がありましたが、

とっても楽しい時間でした!

この感情のゆらぎはケシーマジックなのかしら???


最初は時事ネタからわたしたちの向かう意識や生き方を話され、

やさしい愛に満ちた気持ちからスタートしました。


そして

宇宙石けん作りは、

それぞれが自分の世界に没頭して、

人それぞれのきれいな宇宙石けんが出来上がりました。

こんなのとか〜♪

こんな宝石みたいな石けんとか〜♪

ゼリーみたいで美味しそう?!

すっかりハマって、

昨日は一日中石けん資材を売っているサイトを眺めていました。


何かに没頭しているとき

我を忘れて打ち込むとき

そんな行動をしているとき

自分の力では成し得ない宇宙の流れにのって、

それは

およそ3ヶ月ぐらい先の忘れた頃に、

宇宙のサポートに気づくのかもしれません。


今のわたしは

およそ3ヶ月ぐらい前に授かった

宇宙の恩寵を暮らしているのかも、、、。


3ヶ月前といえば、

仙骨の痛みから出会った瞑想の先生の下野さん

そこから

下野さんがブログで「救世主現る」と紹介したケシーさん

そして今、

3ヶ月前の出来事を発端として知った

ケシーさんのもとで宇宙石けんを作っています。

この宇宙の恩寵は、

この先およそ3ヶ月後にどうなっているのかな?

そう考えるとちょっとワクワクしませんか?


でも

期待せず

ただ

淡々と

粛々と

丁寧に毎日を過ごす

簡単そうで難しい

出来る範囲で少しずつ

自分にやさしい穏やかな日々を過ごしていきましょう!

今日はおはなしです。

わたしたちが星の屑になるよりも

ずっとずっと前の遠い記憶のおはなし。


むかしむかし、

わたしたちは肉体を持たない

宇宙に漂う意識でした。


その意識は、

宇宙に漂う星屑に憧れを抱きました。

実在するものへの憧れです。


そんな憧れを抱きながら沢山の星をまわりました。

そして

地球という星に興味を持ちました。

この星に実在し、

自分が何者であるのかを知りたくなったのです。


「私は誰?」


母体を通して生まれ、

自分を知るための一生が始まりました。


あるとき母に

「あなたはとても優しい子ね。」

と褒められ、

それがとても嬉しかったので、

「わたしは優しい」

ことが自分であると理解しました。


不安になると、

母に優しさを投げかけ、

「お母さん見て!わたし優しいでしょ?」

と認めてもらうことで実在の価値を見出そうとしました。


次第に不安は

「優しくないわたしは実在する価値がない」

と優しさを自分に負すようになりました。


優しくなければいけないと自己犠牲を払うようになり、

優しい自分でいることが苦しくなりました。

心と身体のバランスが崩れ、

体調を崩すようになり、

病気になりました。


病気になり、

人に与えられる優しさがなくなり、

実在の価値がない自分に絶望しました。

生きる意味を模索しはじめましたが、

取り留めのない考えにくたびれました。


そして

自分に嫌気がさし、

生きることも嫌になり、

すべてをあきらめようと思い立ちました。


そのときに、

心の片隅にほんの少しだけ

過去に漂っていたころの

宇宙の意識が顔をのぞかせたのです。


「わたしは誰?」


母にかけた優しさが喜ばれ、

誰かのために優しく生きることを選んだ自分に気づきました。


そして

病に伏した弱い自分を見て、

自分に対する哀れみの涙がこぼれ落ち、

はじめて自分自身をいたわりたいと

自分への優しさを感じました。


心身ともにゆっくり休み、

自分の身体を抱きしめ、

「今のわたしが欲していること」

に忠実に行動してみることにしました。


病は治癒へと向かい、

心は元気を取り戻したとき、


ふと、

「わたしは誰?」

が顔をのぞかせました。


「わたしは実在する宇宙意識、

この世のすべてを楽しむためにここにいます。」


そう自分に答えました。

そのとき、

胸の辺りの空虚な感覚がとても清々しく

不思議な優しさにつつまれたのでした。


おしまい

最近はよくネコさんが話しかけてくるようになりました。

ネコ語なので理解できませんが、

単なる日常会話です。


仙骨の痛みから発した

瞑想の先生の下野さん、

仙骨先生、

仙骨先生の連れて行ってくれた女性との出会い。


そして

3月下旬から現在にかけて、

瞑想、ライトボディの活性化、仙骨治療、オーガニックハーブのエステ

自分ケア満載の日々を送っています。

お陰さまでお財布の中身がほぼ空っぽに近い状態です。


しかも、

ライトボディの活性化と仙骨治療の

ダブルパンチの好転反応なのか、、、?

はたまた

過去の負債の解消なのか、、、?


ネガティブな感情でいると

真っ逆さまに悪い状況が繰り広げられ、

明るい気持ちで暮らすと

良い引き寄せが起こります。


良くも悪くも

この現実を起こしているのは

まぎれもない自分


ネガティブな感情が出てくると、

自分も自分以外の人も

なかなか肯定的に捉えることが出来ないものです。


そんなときは

無理して明るく振る舞っても無駄。

あえて嫌な気持ちを味わってみたり、

なぜそんな気持ちが起こったのか、

「なぜ?」

と繰り返し自分を省みます。


そうすると、

自分が被害者になることで、

相手を正当に非難できると思い込む自分や、

自分に正当性を与えて

相手をコントロールしようとする自分、

自分は特別な存在だと

誰かに認めてもらいたい自分が見つかります。

ネガティブな感情の中には必ず気づきがあります。


それはみんな

「孤独な自分」


孤独を埋めるために、

自分の外側を必死で思い通りにしようとする。


でもね、

孤独をどうにかしようとしなくて大丈夫。

それが見つけられたら

あとは自分と向き合うだけ。


「わたしは孤独なんだ」


って、

孤独を感じてあげるだけでよいのです。

そして

自分のために泣いたり、

悲しんだり、、、。


あるいは、

他者では埋められないその孤独を

自分を生み出した宇宙とつながる絶好の機会

と捉えても良いでしょう。

瞑想してみたり、、、。


他者に何かを求めずに

全部自分でやる

これが自分を乗り越える手段だし、

これを見て、

人は心を動かされるんじゃないかな?

そして

自分の得体の知れない何かが深みを増し、

それに引き寄せられるように

人生を歩む仲間が増えていくのだと思いました。


自分の孤独を大切に生きましょうね!

先日、

無意識にしまっておいた

ネガティブな感情が

自分の現実に出て来たことをおはなししてみます。


無意識にあった、

「だまされた!」

という

怒りと悲しみとショック!

が出たおはなしです。


人は出来事を大切に仕舞うのではなく、

この経験における感情を

「恥」や「罪悪感」

として心に仕舞い込んでしまようです。


この怒りと悲しみとショック!

が感情として理解され

感情表現されるまでは

輪廻のごとく繰り返されるのに気づきました。


そして、

先日そんなショックな出来事があり、

涙をこぼしたのですが、、、


ふと、

「この出来事は

今に起因するものではなく、

過去にしまい込んでいた感情が、

解放を求めて出て来たんだ。」

って心から沸き立ってきた、、、?

ような感じだったんです。


そして、

すごくそれが腑に落ちて、

こうやって自分が引き起こす現実を理解し、

今まで自分が無意識に閉じ込めた感情を

解放していった先には、

「自分の現実に責任が持てる」

ことであり、

被害者でも

加害者でもなく

ただ経験を求める存在である魂に

気づいていくのだと思いました。


だから

スピリチュアルな生き方を始めた人は、

自分の現実を作り出す原因が自分であることの理解

を深めるだろうし、

スピリチュアルな生き方が楽しめるようになった人は、

善し悪しの判断を抜きにして

自分の魂の発動のままに生きている人なのでしょう。