受け取る前の放棄

わたしの潜在意識の根幹にあったのは

なんと奴隷意識だったのですが、

それを認識してから11日が経ちました。


この奴隷意識、

わたしの中で太い根を貼り、

アイデンティティとなっていました。


なのでこの意識をとる過程で、

かなりの葛藤を産みました。


それをとってしまったら
わたしには何も残らない


奴隷という自分を縛るものでさえ、

「私」という自我として、

大切に持っていたなんて...


ショック、

悲しみ、

孤独、

哀れみ、

痛み、

これらがないまぜになって、

涙がこぼれました。


自分と一体になっていたものをはぎ取るとき、

必ず心が痛みます。

数日は心臓付近に痛みがありました。


11日が経ち、

この意識を引きずっていては自分は何も変わらない。

こんな、

あきらめと開き直りの心境に至り、

出来るだけ心を開いて、

来るものを素直に受け取ろうと思ったところ、


状況は一変しました。


誘いを受けたものから自発的なことまで、

向こう5日間を予定で満たしました。


なんてことはないように見えますが、

今までスケジュール管理が出来なかったので、

頭で把握出来るぐらいしか

予定を入れることが出来なかったのです。


予定を入れられない。

なぜなら奴隷に予定など必要なく命令に従うのみ。


こんな意識もあったのかもしれません。

なので誘いを受けても

なかなか応えることができませんでした。


これからはきっともっと自由になれる。


こうして少しずつ、

自分を自由へと解放していくことで、

日常が輝いていくでしょう。


感謝

Samawellbeing

自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています