宇宙の法則

ダルマ(धर्मः [dharmaḥ])は

サンスクリット語で「宇宙の法則」を意味します。


「宇宙の法則」は、

場と時、対象となる人などによって変化します。


例えば、

「人に刃物を向ける行為」

傷害を目的として行うのは法に反しますが、

外科医が治療目的で行う場合は法的な保護を受けます。


そこに「愛」があるかないか、

判断の基準はそれでしょう。


最近はお受けするテーマが、

社会と心のギャップを感じて苦しんでいるように感じます。


家庭や社会で植えられた思い込み

「こうでなければならない」

ということと、


「こうしたい」

という心の願いにギャップを感じ、

少しずつ心の願いに意識がシフトし始めた方たち。


そうすると、

急に日々の暮らしに疑問や苦痛が起こります。


実は、

人間が作り上げた法律よりも

確かなのは宇宙の法則です。


誰かが裁かなくとも、

必ずその応報を受け取ります。


とは言っても、

法令を遵守することは人間社会に必要ですが...


今は宇宙と人間の意識が切り離されているため、

何が良くて悪いのか、

社会の矛盾に苦しむのかもしれません。

わたしなんか、

もうずぅ~っとこればっかりに悩みます。


むかし、

インドの人々は「サナータナダルマ:永遠の法」という

教えに基づいて暮らしていたそうです。


誰もが、

宇宙とつながっている魂の本質=愛、

それに基づく行為を基本としていたようですが、


異国の人によって

「インド教→インドゥー教→ヒンズー教」

へと呼び名が変わったそうです。


いろいろと悩みが多くて苦しみますが、

混沌とした時代には、

人間意識の判断を宇宙の法に委ね、

愛に基づく暮らしをしていきたいものです。

Samawellbeing

カウンセリングやヒーリングなどで自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています