人の健康

以前、

アーユルヴェーダという東洋伝承医学を学んだ時、

医学の目的と、

医療が対象とする「人間」について教わりました。


医学の目的は、

「生きとし、生けるものへの慈愛の念、実利、法を目的とする」


「人間」とは、

「肉体、精神、魂、この3つから成るものである」


この3つのバランスが崩れること、

またはそれらに苦が加わることを病気と考えます。


今日は心身の不調について考えました。

いろいろあると思いますが、

「自分に正直ではない考えや行動」

が大きな原因なのではと思います。


体に良いと思い込んで、

我慢して食べるもの。


苦手だけれど、

仕事上、

付き合わなければならない人。


孤独を紛らわす行為。


無意識に抑圧しているものが、

自分という器からあふれた時、

不調となって現れます。


人間は、肉体、精神、魂、この3つから成ります。

肉体の健康には食事、睡眠、運動が必要です。

健やかな精神には、すべての経験を楽しむこと、

ありのままを観察する意識、

素直に生きることが健康へ向かわせるのだと思います。

Samawellbeing

カウンセリングやヒーリングなどで自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています