あるものの願い③

わたしの妄想シリーズ

あるものの願い②の続きをお楽しみください♪


この星を自分のものするという準備が整ったので、

あるものはその行動に出ました。


自分の情報を加え、

新たに「猿」はあるものの「色」に染まりました。


「猿」は身体的に弱まりましたが、

頭脳の発達により「思考」という判断力を得ることになります。


そして獣としての「猿」から、

「考え」を持つ「人間」へと進化の道を歩み始めたのです。

けれども「人間」はまだまだ無知な者として存在していました。


突如としてそこへ光の存在が降りてきたのです。

光の存在はあるものの思惑を最初から知っていました。


「猿」から「人間」へと進化した時点で、

あるものの地球支配を危惧し、

光の存在はある導きを試みたのです。


それは「思考」という判断力による、

あるものからの支配を避けるため、

判断の指針となるもの、

つまり「心」の動きを体感として与えたのです。


それにより「人間」は「信仰心」を持ち始め、

欲を持ちながらも、

秩序という社会の決まりのもとに生活するようになりました。


そしてその信仰心が人の心に定まるまで、

光の存在が信仰の対象となるよう、

自ら存在するに至ったのです。


光の存在により調和のとれた社会になり、

「至福」とは何なのかを知り、

人の心にやさしさや思いやりが芽生えました。

そして競うことから

分かち合う生き方へと変わっていったのです。


つづく

Samawellbeing

カウンセリングやヒーリングなどで自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています