信頼と安心は眼差しから

人に裏切られた経験のある人は

目を見て話すのが恐くなります。

或は親子関係に信頼が築けなかったとか、、、。

要は人間関係で傷を負っているかということです。


安心と信頼は目を見ることができるかどうか。

こじれた人間関係の中で育つと人に対する恐怖心が湧きます。


人は無意識に瞳の奥から放たれるものを、

感覚として受け止めるのでしょう。


人間の心を観るとき、

必ず相手の瞳を見ています。

そこに信頼があるとき、

安心して見つめ、

信頼がなければ、

見るのを拒みます。


騙されやすい人は、

怖くても相手の瞳をしっかり観察すると良いですよ。

信頼できるかどうかを観るだけで良いんです。

Samawellbeing

カウンセリングやヒーリングなどで自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています