怒り

怒りは心身ともに戦闘態勢にあります。


体が戦闘態勢に入ると心拍は上昇し、

緊張で体が強張り、

切られても出血が少ないよう血液が凝固しやすくなります。


心が戦闘態勢に入ると

勝つか負けるかの判断が善悪にすり替わります。

善悪の判断のために「エゴ」が登場します。

緊張状態で呼吸は浅くなり、

「エゴ」により葛藤が始まります。


受け入れ難いものごとの捉え方や考え、

感じ方や行動の違いが怒りの原因です。


しかし

よく観ると

怒っている人は自分自身と戦っているのです。


「エゴ」の善悪に捕らわれ、

信念を貫くために戦っています。

エゴがそうさせるので

本来の自分を見失っています。

そのため、

無意識に目の前の相手に怒りをぶちまけてしまうのです。


今度怒りがこみ上げたら、

「わたしは自分の何と戦っているのだろう?」

「わたしはなぜ自分の信念を貫こうとするのだろう?」

と問いかけてみてください。


或は、

他者を裁く必要や権利などなくて

違いを受け入れる

またとないきっかけとなるでしょう。


エゴを黙らせ本来の自分に立ち戻ることが出来た時、

「向かうところ敵無し」という最強な自分を引き寄せるかもしれません。

  • Samawellbeingの活動は、いかなる思想、宗教、団体など一切関係ございません。
  • サイトの情報をSamawellbeingの許可なく転載することを禁じます。

Samawellbeing

カウンセリングやヒーリングなどで自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています