トラウマ

トラウマは傷ついた心が日常に支障をきたすことです。


心の傷が顕在化しない場合、

原因が分からずに不快な状況を引き寄せたり、

同じようなトラブルを繰り返します。


例えば

親から虐待を受けたり、

いじめにあった場合、

「人間に対する恐怖心」が芽生えます。


すると、

「人の目を見て話すのが苦手」

「自分の意見を言えない」

「嫌と言えない」

などの自覚症状がありますが、


無意識に育った環境のような馴染みのある恐怖に親近感を持ち、

それとは真逆の優しさや思いやりに怯えてしまいます。


すると、

大人になっても恐怖心を想起させる状況を引き寄せ、

苦しみから抜けられなくなってしまいます。


幼少期に

「人とは怖いもの」

という信念が出来ていますので、

その信念が現実化させてしまうのです。


トラウマが癒えない限り

何らかの問題を引き寄せます。


人は期待を大きく裏切られたとき、

その経験がトラウマになります。

トラウマがその人の生きる教訓になり、

厳しい現実を歩まざるをえなくなります。


トラウマは厄介ですが、

それを乗り越えた時、

霊的に大きな成長を遂げ人生を楽しみはじめます。

  • Samawellbeingの活動は、いかなる思想、宗教、団体など一切関係ございません。
  • サイトの情報をSamawellbeingの許可なく転載することを禁じます。

Samawellbeing

自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています