殺意

自動書記をご存知ですか?

わたしが教わったのは、

不要な感情や問題の原因となった意識をペンで捉えます。

筆圧や書いているぐじゃぐじゃの線から

感情や意識を読み取り、

それらを解放へ向かわせるような感じかな?


先日すごい怒りがぶちあがってきて、

首や肩が怒りで固まっちゃうぐらいす~ごかったんです。

そしてこのままではいけない!

このままでは自分が怒りで壊れちゃう!

ぐらいの危険と感じ、

自動書記をやろうと思い立ったわけです。


そしてその怒りのもとを辿っていこうと思ったのでした。

ふんふんって鼻息荒く

ぐじゃぐじゃと紙に書き出し、、、



あっ!捉まえた!

って


捉えた怒りから

悲しみへ、、、

そして最後が、、、







「殺意」



だったんです!



もう必死でその意識を紙に引きずり出しました。

びっくりして放心してしまいましたよ〜、、、




そんで、


「殺意ってこんななんだ、、、」


って関心しながら、





「この意識、しまっておこう、、、」


って静かに胸に戻したんです。

これまたびっくりじゃないですか?



なぜか、

このグロテスクな感情を完全に手放せなかったんです。




殺意という

愛へと導くツール



みたいな変な感覚、、、。

多分それって、

きれいごとばかり言う人を見ると、



「なんだかすごく薄っぺらいな〜、、、」

とか、


「噓くせ〜!コイツ、、、」


って感じちゃうのと

似ていると思うんですが、




眩しいぐらいの光を放つ人は

それ相応の闇を経験している



と思うんです。

わたしは光を放ちたい!

そのための闇として

大切にしまっておこうと思いました。

Samawellbeing

カウンセリングやヒーリングなどで自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています