滞り

先日、

軽い喘息の発作が起きて1日寝込んでいました。


咳のしすぎで

背中の筋肉が鉄板みたい、、、

腹筋も痛い、、、

気道もヒリヒリする、、、


風邪をこじらせたり、

風邪薬が合わないと喘息になるのですが、

今回は風邪ではありません。


先日爆発した「怒り」のせいだと思いました。

普段は感情を発するのを好まないので、

長年溜め込んだ感情の浄化の副作用だと思いました。

思いっきり感情を吐き出し、

今はなんだかとってもすっきり、、、

胸の辺りが軽いって良いですね♪


怒りと喘息が直結するわけではありませんが、

病気は弱い部分に発病します。


怒りが一概にどう作用するかは分からない。

眉間が凝り固まっている人とか、

肝臓が疲れる人とか、

便秘や下痢とかもあると思います。


今回の場合は肺にきました。

咳と痰がたくさん出て疲れました。

でも邪気を吐き出したみたいで、

体の中が空になってほんとうにすっきり、、、!


生命のはじまりは、

ジェル状の粘液です。

それが結合し生命を形づくる。


病気というものは

そういった粘着性のものによって

流れが滞ります。


育むものであり滞りの原因でもあるもの


言いたいことを言わない滞り、

病気を招く要素ですよね。

あるいは気づきと成長を促すものですあります。


きれいごとばっかり言って、

自分の中に邪気を溜め込みすぎて

病気にならないように気をつけましょう。

Samawellbeing

ネコのいるスタジオです♪ カウンセリングやヒーリングなどで 自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています