恐怖を観察してみる

不幸を手放すことを自分に約束してから、

日を追うごとに安らぎが深まる感覚がありました。


不幸とは、

こんなことを打ち明けたら、

人はどんな反応を示すだろうか?

とか、

こんなに明け透けに自分を出したら、

人はわたしをどう見るのだろうか?

という「恐れ」でした。


実際に恐いと思うことをやってみると、

恐れや恐怖さえ思い込みだった

ようです。


人は思い込みから外れれば自由で生きられるんだなぁ

って思いました。


すべての人が愛にもとづいて生きることが出来たら、

こんな自分は嫌われるんじゃないか?

とか

こんな経験をしてきた自分は蔑まされるのではないか?

という恐れを抱かずに、

優しさや思いやりの中で生きられるのになぁ

と思いました。


愛に目覚めるのは

まず自分からですね、、、

Samawellbeing

カウンセリングやヒーリングなどで自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています