地球の熱病 ①

むかし、

アーユルヴェーダでお世話になった先生に、

「今後の活動に役立つかもしれないので、

今翻訳しているチャラカの章をあげよう。」

と頂いたことがあったんです。


チャラカというのは約5000年以上前に

聖仙によって記された古代インドの古典書です。

今日はそれをもとに書いてみようと思います。



チャラカ・サンヒター第3巻3章

流行病(人々の間に蔓延する病気


尊者プナルヴァスは弟子のアグニヴェーシャに言いました。

「アグニヴェーシャよ!

今、少しの異常が地球環境に現れている。

この異常は、

いずれ地上から効能のない薬(食物)が育ち、

広範囲にわたり蔓延する病気が広がるだろう。

したがってアグニヴェーシャよ!

その時が来る前に、

薬(食物)の効能が損なわれる前に、

それらを保存し薬を施したいと望む者へ

きちんと処方できるよう集めなければならない。

それが出来れば流行病を治療することは難しくない。」


アグニヴェーシャは尊者アートレーヤへ訪ねました。

「尊者よ!

薬(食物)は直ぐに集め、保存し、

適切な処方をされるでしょう。

けれども人の体質はそれぞれです。

どのようにして一斉に同じ病に冒されるのですか?」


尊者アートレーヤは言いました。

「アグニヴェーシャよ!

人の体質は様々であれ国が滅亡するような病が現れる要因がある。

それは、

空気、水、場所、そして季節の悪化

である。」


これらの異常は害がある。

流行病によって国の滅亡を招いたとしても、

責任ある賢者によって考慮され、

医者が確実に適切な薬剤を投与するなら、

人はこの病を恐れる必要はない。

(7−8)


ってざっくりと途中まで書いてみました。

なんでこれが地球の熱病かというと、

地球の肉体=空気、水、場所、季節が悪化する=熱病

ということなんです。


確かに旅先で体調を崩す原因は、

空気、水、場所、季節(というか温度差?)が多いです。


これらの悪化が要因となり体調不良に見舞われる前に、

環境保護について見直さなくちゃダメなところまで来ちゃいました。


つづく

Samawellbeing

カウンセリングやヒーリングなどで自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています