不思議ちゃん

今までに何度か

「不思議ちゃん」と言われたことがあります。


不思議ちゃんと言われると、

よく言えば「個性的」

悪く言えば「変な人」


なのでちょっと複雑な気持ちかな?

いい気分ではなかったです。


先日、

わたしの発した何かが相手のツボだったらしく

微笑みながら、

「不思議ちゃんだねぇ♪」

って言われました。


わたしはいつもの複雑な気持ちになったんですが、

ふっとそれを受け入れてみたんですね。

そして笑って、

「よく言われる。」

ってつぶやいたら、

その子だけじゃなくて周りの人も笑っていて、

その場が和んでいてたんです。


「不思議ちゃん」

あまりに自分と近すぎて、

自分では見ることができない自分。

今まではそれを拒んでいました。


なぜなら、

「不思議ちゃん」を受け入れてしまったら、

自分は変だということを受け入れてしまうから。


でも、

変だと思われたくないけれど、

「平凡」も同等に受け入れるのを拒んでいました。

だから「変な人」に拍車がかかってチグハグになっていたかもしれない。


不思議ちゃんを受け入れたら自分が自然体でいました。

そしてやっぱり自分は変わっているのかもしれない。

わたしは良くも悪くも「不思議ちゃん」です。


自分の嫌いなところや苦手なところ、

受け入れてあげられるのは自分しかいないのかもせん。


そしてそんな自分を好きになると

自分を好きでいてくれる人に囲まれます。

だからまず自分の嫌いを観てみよう!

自分の嫌いなところを否定せずありのままでいさせてあげよう。

Samawellbeing

ネコのいるスタジオです♪ カウンセリングやヒーリングなどで 自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています