龍を思い出す

突然ですが、

「龍」の存在を信じますか?


スピリチュアルな世界では、

龍は空前の大ブームです。

本屋さんへ行けばスピリチュアルに関するコーナーで

必ず龍の本を見かけるようになりました。


わたしは「龍」の存在を信じていて、

それなりの実感があったからなのですが、

龍のことを思い出すと、

悲しみがこみ上げてしまうのでした。


実感がなくても龍を信じる人は、

いずれ龍の意識が目覚めるのだろうとわたしは思っています。


龍はシリウスの生物だそうです。

ですが、

シリウス意識とチャネリングをするノンモさんの情報は、

もう何年も龍に関する情報は開示されませんでした。


ですが、

ここ最近になって、

やっと龍についての情報が開かれてきたんです。


もともと日本には、龍しかいなかったそうです


日本には龍しかいなかったそうですが、

その追加情報が綴られていました。


この地球を一夜にして素晴らしい世界へと変える力が、日本人にはあるのです


戦争で龍の能力を間違った方向に使ってしまった。

という一文を読んで涙が込み上げてしまいました。

龍を思い出して涙をこぼす人って、

わたしだけではなく結構いると思うんです。


戦争中、

龍の力が歪んだ方向に使われたことで

龍は怒りや憤りと同じぐらい、

深い悲しみと絶望を経験しました。


原爆が落とされ、

原爆にあった人々の体を覆う皮膚が焼けただれ、

かかとに焼けた皮膚を引きずりながら、

熱い熱いと朦朧とした意識で飛び込んだ川は、

煮えたぎる水となっていました。

もう手の施しようのない惨事だったのです。


人間の意識が歪み

すべてが焼け落ち、

水が汚れ、

神様は日本人から龍の能力を封印しました。

神様は使いに出した龍を

人間の欲に使われるのは危険極まりないと判断したからです。


もしかすると、

今の龍ブームは地球のアセンションのために

人々が高い意識に目覚めるためのお手伝いを

龍がしにきているのかもしれません。


今はいろいろな宇宙の存在が地球に来ているようです。

宇宙意識にもいろいろあって、

神を名乗る宇宙人もいるから気をつけてとのこと。


神を名乗る3次元(低次元)の宇宙人と、真実の神の見分け方


毎日、心の内側を磨いていこうと思います。

Samawellbeing

自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています ※ Samawellbeingの活動は いかなる思想、宗教、団体など 一切関係ございません