純粋意識

昨日は満月の瞑想会へ

外苑前のBODY MIND SPIRIT に行きました。


久しぶりの瞑想会参加だったのですが、

満月と月食が重なる日でしたので、

わくわくしながらの参加だったのです。


いつもより考えが浮かんじゃうな〜、、、

って思いながら、

自分のマントラを心の中で唱えながら瞑想し、

時間になって、

「それではゆっくりと目を開けて意識を戻してください。」

という先生のガイドの通り、

目を開けたとたん、

霞のようなものがすっと自分の中に戻ってきたんです!


その時に、

自分の中に入ってきたものが

瞬時に自分の「意識」だと分かったんです。

そして、

「あっ、わたしの意識が戻ってきた!」

って思ったんです。


その後、

それぞれの感想をみんなでシェアするのですが、

わたしは意識の感覚を話しながら、

「エゴは自分から出て行くことはないけれど、

意識は自由に出入りしているんだと分かりました!

瞑想の本で量子について書かれているものがあるけれど、

人間の意識って量子のようものですよね!

瞑想って意識の旅なんですね!すごい!」

って一人感極まってしまったのでした。


先生も鳥肌立てていたり、

参加者の中に量子物理学を教えている方がいらしたのですが、

意識と量子の関係について懐疑的だったけれど、

関係性があると納得されたようで、

わたしは量子物理学について、

難しいながらも知りたくなったり、

瞑想後はいつになく軽い興奮状態になってしまったのでした。


その後、

カフェで一人ランチをしたのですが、

深い瞑想だったせいか、

体が戻っていなかったのか、

よく噛んでいたにも関わらず、

軽い胃もたれをし、

カフェの窓一面に広がる青空に感動し、

静かな幸せに浸りつつ

家に戻ると

あの純粋な意識の体験を味わいたくなり、

再び瞑想してみました。


グループ瞑想の深まりほどではないにしろ、

自分の周りを量子のような

微細なものが取り巻いている

瞑想後の自分が気持ちよくて、

ちゃんと瞑想を続けようと思いました。

こうやって瞑想中毒になっていくのでしょうか?


そんな、

頭がお花畑になっちゃった瞑想会のおはなしでした。

Samawellbeing

カウンセリングやヒーリングなどで自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています