エゴが外れるとき

「自我」とか「エゴ」と言われるものですが、

あまり良くない意識としてあるときがあります。


わたしの場合は

大抵が他者との違いに優劣の判断をしたとき、

特に「自分は劣っている」という劣等感に苛まれます。


これって、

少なからず誰にでもある思考ではないかと思うのですが、

そもそも上も下も

優劣もすべて自分の心が決めています。

そしてまた判断されるのを恐れます。


たとえ他人から

その判断がなされたとしても、

感情が揺れなければ、

「人はそう思うんだ。」

という解釈で済みます。


そうなるにはどうすればいい?


「胸がすく」という言葉がありますが、

心が晴れやかな状態だったり、

すっと風通しの良い心持ちの状態のとき、

その心境の中に劣等感という思考を落としてみました。


そうすると小さな子供が泣き止むように、

不快な感情は感覚を失い、

「自分は劣っている」

という感覚が外れ、

劣れることを感じることができることすら

心地良くなっていきました。


こういうときって無意識というか、

ぽか〜んとした状態なので、

明確ではなありませんが、

そういうときに自我が外れやすくなります。

そうやって

自らを縛るものを外していこうと思います。

Samawellbeing

ネコのいるスタジオです♪ カウンセリングやヒーリングなどで 自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています