奴隷意識と選民意識

今朝はちょっと

奴隷意識と選民意識について考えていました。


この2つの意識って、

多くの人の潜在意識や集合無意識にありますね。


わたしにとって奴隷意識は

満足ではないけれど

現状に嵌まっていれば面倒はないかな〜

みたいな感覚です。

自発性なく波風立てずにおとなしく生きる感じ。

永遠の自由って理想だけどやっぱり怖い。

自由の責任を負うのが怖いのと、

長年の奴隷意識から外れる自由への恐れがあるのです。


そして選民意識は、

人とは違う特別な自分でいたい願望です。

これって、

奴隷意識から抜けたい願望と表裏一体で、

選ばれしもの

になりたい意識。

「だって特別だもん」

っていう特権が欲しい。


そうやって、

人はどんどん自分とかけ離れた

特別な人格を求め作り上げていきます。

そしていつしか自分を見失い

心や身体のバランスを失い病に陥る。


わたしは

こういった意識がムクムクって湧いて来た時に

「ああ、まだいる、、、」

ってその意識を静かに見つめます。

出来るだけこの意識を静め、昇華して、

もっと楽な自分を生きたいです。


これからは組織化された人間社会から

しだいに個人の社会にシフトしているので、

「なんとなく生きづらい」

っていうときは、

本当はどうしたいのかを自分に問いかけてみると良いかもしれません。

そして恐くてもそれを信じて突き進むしかないのでしょうね。

Samawellbeing

カウンセリングやヒーリングなどで自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています