生きやすさ

ちょっと前、

解消してもらった霊障によって感じた「生きやすさ」なのですが、

この「生きやすさ」って

今までの「生きにくさ」が普通だったため、

解消された後の身体や心の軽さを実感してみないと

分からないものだと思いました。


わたしたちは比較するものがないと、

現状を観ることが出来ず、

善し悪しは別として

比べたり判断しています。


大元となる魂は

比類のないもので

唯一の存在で

無条件で

永遠不変です。


そこにつながる喜びと

接続が絶たれたときの孤独感

これもまた

つながることと絶たれることを経験してみないと分からない。


比べることの出来ない

「ただ在る」という存在の軽さに感じる喜びと

そうなっていないときの現実世界のギャップに戸惑います。


「何もない密度の濃いところ」へ戻りたい欲求が深まり、

現実を生きられないようなふわふわした感じの

新たな生きにくさを感じてしまいました。

グラウンディングが出来ていないのかもしれません。


意識を自由に放つことができれば、

本当はいつでもそこへ行ける。

そこへつながるように日々訓練中です。

とりあえずヨガをしてみます。

Samawellbeing

自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています