千日回峰ならぬ仙骨解放

今日は魂のお医者さんシリーズです。

のっけから下のはなしですいませんっ(汗)


昨日は「う◯ち」が3回も出ました。

昨日あんなに出たのに、

今日も見事に出てくれて、

「う◯ちさんありがとうばいば〜い!」

って感謝とともに流しましたよ♪


今日は仙骨先生のところへ治療に行く日です。

仙骨先生は仙骨に憑いた霊障をとるお医者さんで、

魂のお医者さんのような方です。

仙骨先生のところへ行く日はだいたいお腹がゆるくなります。

そして、

たくさん出ます!(笑)

これも好転反応のひとつだそうで、

もともと便秘がちだったわたしには嬉しい限りです。


約一ヶ月前、

家系の大きな霊障が取れて吹き出物が出ました。

気がつけば手にいくつかあった小さな切り傷も好転反応でしょうか?

今日聞いてみようと思いました。

やっと取れて泣きそうになりました。

静かに自分に安住する感覚に浸ります。


そして、

なんとなく

うっすらと

そうじゃないかと思っていたのですが、

仙骨先生のところへ通う人の大半は、

治療を続けながら

他人の霊障?も引き受けて、

そして仙骨先生のところへ運ぶお仕事が

もれなくついてくるようです。


だから、

仙骨がまったく痛くないわけではなくって、

前よりはだいぶ楽になったけど、

辛い時もあります。


そして、

先生のところで取ってもらって、

音叉でエネルギー入れてもらって、

幸せになって帰って来ます。


何かたくさん憑いた時は、

八王子までの電車の時間が

眠かったり、

怠かったり、

頭痛がしたりします。

そして

帰りは電車の中で

理由のない幸せというか、

安心感に浸りながら家路へと向かいます。


それを先生は、

お坊さんの修行の「千日回峰」に因んで

「仙骨解放」と言います。

「八王子まで来て、そして帰るだけ、楽な修行だろ?」

って笑います。


そして

「地方からは夜行バスとかで来る人もいる。

出来るだけ安い交通費を使って。

あんたはまだいい方だ。」

って軽く諭されました。

そういう人の中には

特に霊媒師のお仕事をしているというわけでも、

ヒーラーのお仕事をしているわけでもなく、

普通のOLさんなんかもいるようです。


みんな人知れずに

それぞれの修行を積んでいるんだなぁと感心します。

社会で働くお父さんや

子育てしながら働くお母さん、

そういう人の方がすごいとも思います。

わたしの出来ないことが出来ている、、、。

だから

わたしが今できることを丁寧に、

そして淡々とやっていこうと思いました。


日々、

すべての存在に感謝できますように、、、。

Samawellbeing

カウンセリングやヒーリングなどで自分らしく生きること そこへ導くお手伝いをしています